脳神経外科・整形外科・神経内科・内科・リハビリテーション科、回復期医療、総合病院との連携パス発症早期の受け入れ、チーム医療集中リハビリ

CLOSE

リハビリテーションの方針

  • HOME
  • クリニック

h202

リハビリテーション科・整形外科・外科

h203

■ リハビリテーション科専門医 慶應義塾大学医学部名誉教授
医療法人社団アール・アンド・オー名誉顧問 医学博士 木村彰男
■ 神経内科 富山弘幸
■ 整形外科 山田
■ 外科 大坪雄三

h201

通所リハビリテーション「駿府の杜」

総合病院・診療所からの紹介によるリハビリ専門医・整形外科医の診察を行います。

ボトックス外来、義足・装具の作製、メンテナンスを行います。
理学療法士による身体機能・運動機能向上、歩行能力獲得に向けたリハビリを行います。
作業療法士による上肢機能改善、日常生活動作能力の獲得、復職に向けたリハビリを行います。
言語聴覚士による言語機能改善、高次脳機能障害・認知症に対するリハビリを行います。

h204

診療時間

9:00〜12:30 × ×

13:30〜18:00 × ×

※祝日も休診日になりますのでご了承ください。※リハビリ時間については完全予約制となっております。

h205

リハビリの適応の有無などを判断する際に、以下の書類等が必要になります。ご協力をお願いします。

【1】健康保険証
【2】診療情報提供書(かかりつけ医・急性期病院の主治医にお願いして下さい)
【3】CT等の画像所見(CD-R)や必要な検査結果
【4】お薬手帳
【5】介護保険証・身体障害者手帳等(認定・交付されている方)
※詳細は駿府の杜クリニック(054-275-0057)まで、お問い合わせください。

h206

脳卒中後の手足の麻痺により、力が入らなかったり、筋肉がつっぱったり、こわばったりするなどの後遺症が残ることがあります。このような緊張している筋肉のこわばりをやわらげる働きのある薬を注射します。

痛みをやわらげる効果が期待できます。
関節が固まって動きにくくなったり、変形したりするのを防ぎます。
リハビリテーションがしやすくなります。
日常生活がしやすくなります。(茶碗が持てる。服が着れる等)
介護の負担が軽くなります。

[最終更新日]2017.03.13

PCサイトを見る

Copyright© R&O Medical Corporation. All Rights Reserved.